地方のメインバンクに4年間勤務。
法人営業で、融資・投資信託・外貨預金・外国為替など、
様々なノルマが課せられたが、全ての項目のノルマをクリア。
その実績を買われ、メガバンクに6年間出向する。

銀行員の大切な役割は、お金を通して人々の架け橋となること。
そして、資金提供を通して日本のたくさんの企業の成長を応援し、
日本経済の活性化に貢献すること。

銀行員という枠を越えて、これまでの経験を活かせることはないかと考え、
まだ日本では珍しかったビジネスマッチングで起業する。

豊富な環境とこれまでに築いた多彩な人脈が武器で
ビジネスマッチングは、現代社会のニーズに合っていた。

そのため、多くの成功を収めた芹沢の活躍は
経営者仲間をきっかけに他業界でも話題となり、
今では富裕層からの依頼も殺到する。

現在は、MARVELプロジェクトを発足して
富裕層しか知らない新しいビジネスモデルを展開している。